皮膚のキメが乱れて不愉快トラブルが出ているときのことを「肌荒れ」と言います

具体的な不調は、赤く上る、かゆく罹る、カサカサになる、吹き出物ができるなどです。ひと通り、人肌一環の水分量が減少して肌荒れが起こりますが、反対に皮脂の過多分泌も肌荒れの原因となることがあります。

一般的に年齢を重ねると皮膚のうわべのうるおいを保ってある皮脂の分泌が低下するので、皮膚が乾燥しやすくなります。そうして肌の困難ベネフィットが低下してしまい、外的刺激に対して敏感な状態になるので肌荒れしやすくなります。

肌荒れの事情

年齢が若くても、人肌・角質の新陳代謝が正常に行われなくなると、古めかしい角質層がはがれ落ちない結果、真新しい肌細胞に変わることができません。この状態も、肌荒れの原因となり、皮膚の困難ベネフィットが低下してしまい、UVや乾燥といった刺激に弱くなります。

新陳代謝を崩す原因として、血行不良があげられます。また、腸内環境の悪化によって毒物が発生することも大きなトリガーです。以外に、偏った食生活や睡眠欠如、ストレス、ホルモンバランスの崩れなども肌荒れを引き起こします。間違った化粧品の用法やスキンケア法による肌荒れも少なくありません。

詳しくは『肌荒れの原因となるものは』をご覧ください。

肌荒れを改善する産物

皮膚のキメを整えて肌荒れを改善するためには、正しい生活と栄養バランスのとれた献立が欠かせません。腸内環境を合わせることも糸口です。

献立では、肌荒れの熟練に良いと罹るビタミンA・C・E・B群を意識して摂取するとよいでしょう。そして、ストレスをため込まずに睡眠間隔をたっぷりと確保することも肌の健康に必要となります。

新陳代謝を活発にするために全身の血行も厳しくください。シャワーだけですまさずに、湯船につかってボディを十分に温めて下さい。適度な運動やマッサージもOKです。

ただし、肌荒れがひどい場合には皮膚科の診察をおすすめします。保湿剤やステロイド剤などの外用薬や、かゆみを引き下げるための抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服など、不調にあわせて処方されたものを使用しましょう。ヴァーナル石鹸で毛穴トラブルを回避